読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kinto-unのブログ

中国の小さな会社で働くkinto-unの徒然日記

グノシー、本当に上場するの?

ビジネス

グノシー、本当に4月28日に上場するの?

ニュースキュレーションアプリって、個人の趣味でソフト作ってベクターあたりで配布して小遣い稼ぎする程度のものなんじゃないかと思ってたんだが。。。

というか、宣伝費作って会員数集め、赤字のままでも、株主がIPOで莫大に儲かるなら、それって誰でもできるのでは?って思ってしまうけど、何か私の知識不足とかで誤解あるのかな?

広告宣伝費に10億円つぎ込んで、利用者を70万人増(180⇒250万人)したとか。

それはいいと思うけど、でも、それって誰でもできる。つまらんアプリでもできる。

で、赤字のままでいいんでしょう?

その状態のまま速攻で上場すると、株主(創業者やVC)は50倍ぐらいになって、莫大に儲かって(キャピタルゲイン)エグジットなわけでしょう。

 

繰り返すけど、広告宣伝費を突っ込んで会員数を増やし、それでIPOしたら何十倍にもなってリターンが来る、ってことって、誰でも、どんなアプリでもできてしまうでしょう。

5億円突っ込んで、250億円になって戻ってくるのが分かってるなら、誰でもやるよねぇ。

本当に上場するの、これ?

っていうか、上場して高い株価で買う投資家(たぶん個人投資家)がいて、もしgumiのような「上場ゴール」にでもなってしまったら、錬金術の種明かしをライブで見てしまうことになるような気分。

個人的には、”持続的な”利益がしっかり出ることが確認できてからの上場でいいんじゃないかと思うのだが。

(もちろん、広告売上が自作自演売上で無いことが大前提であることは言うまでもないし、まさかそんなことはないと思うが。)

 

PS.

あと、気になるのは、gumiにも出資してた、グノシー創業者の木村新司氏。

シンガポール在住になっているあたりも、あまりにもテクニカルな気がしてしようがないのだが。。。